2019年9月の現状報告

来月、7回目のkCPE(全国統一試験)を迎えるサパリンゴ小学校。
昨年の結果がとても良かったので、今年も補習授業を・・・という要望が先生からも保護者からも上がっていました。
が、今年は私が忙しくなかなかミーテイングに参加出来ないでいたところ先生たちが自主的に補習授業をやってくれていました。
給料を払い続けることが今後出来ないかもなので、支払の保証はない・・旨も伝えていましたが先生たちもやる気が出た様子です。
そこで、大変少ないですが、1,2学期は先生たちの好意に甘えさせてもらうことにして3学期分の補習授業分の給料のみ先日支払いしました。

また今年セカンダリースクールに進学した8名に支援していましたが、残りの1名も進学しましたので1名分追加で支援しています。

現在の教育システムはプライマリースクール8年間、セカンダリースクール4年間、大学4年間となっていますがこれが近い将来ガラッと変更になります。
日本と同じ6,3,3,4になるのです。
現在の3年生から新しいシステムになるので、あと3年で受験になるとのこと。
詳細はイマイチわからないのですが、3年後は何かとても混乱しそうです。

まずは来月のKCPEでどのような結果が出るのかを、楽しみにしています。

by永松真紀